当院のインプラント治療が選ばれる4つの理由

インプラント治療を行ったら、
強い痛みやお口の中が腫れてしまうと
思われていませんか?

外科処置であるインプラント治療ですが、近年、インプラント治療技術の向上や診査診断のシステム化、最新の設備の導入などによって、痛みや腫れを抑えることができるようになっていきました。
もちろん、骨が少なく骨造成が必要と判断した場合には、一般的なインプラント治療よりもオペ後に腫れが出ることがありますが、そのような時には事前にそのリスクや想定される状態をお伝えさせていただきますのでご安心ください。

当院のインプラント治療が選ばれる4つの理由

痛みと腫れの少ない独自の治療法を採用
当院のインプラント治療の特徴として、
痛みや腫れを極力少なくするため工夫を行っています。
その1つの取り組みが「静脈内鎮静法」です。静脈内鎮静法とは、オペ中の恐怖心を和らげることを目的とした麻酔です。麻酔後はウトウトと眠っているような状態で手術を受けることができます。また、インプラントオペや全身疾患の処置に長けた麻酔医が見守ったいる状態で進めていきます。
圧倒的な症例数と実績
当院は、2003年の開院以来、一般治療のみならず
インプラント治療など高度治療にも従事してきました。
当院では年間でも100本以上の実績があり、町田・相模原で歯にお困りの患者様より多くの感謝のお言葉を頂いております。
豊富な経験と知識で安心のインプラント治療を実現
経験の多さは、インプラントのオペ中や埋入後に問題が生じたときに、選択肢の中からベストをものを選ぶことが可能なります。そして、多くの知識を持つことで、正しい治療方法や治療期間をご提案することが可能となります。数年前、インプラント治療を不安視するような報道がありましたが、正しい知識を持ったドクターであれば、そのような報道であったようなことと全く関係がないと自信を持って言えることができます。
最新機器を使った精密な診断
インプラント治療に欠かせないものは多くあると思いますが、その中でも重要なのが「正確な診査、診断」を行うことが出来るかどうかだと考えています。
当院ではこの診査・診断に対して何よりも大事であると考え、最新の歯科用CTを導入しました。歯科医院の中には最寄りの病院などに言っていただき、診断を行ってもらうこともあるようですが、インプラント治療などの高度治療に関しては、より細かい部分を確認したり、患者様の特徴に合わせた判断は求められるため、院内で確認し、診断を行うことがベストであると考えております。
インプラント治療専用のシート
当院は2015年にインプラント専門スペースを増設し、町田・相模原でインプラント治療を検討されている方々が安心してして治療を受けていただける環境と整えました。
このインプラント専門スペースやシートは、患者様からも大好評をいただいております。
スタッフがゆとりをもって動ける広い空間
患者様からなかなかわかりづらい部分でもありますが、インプラント治療を行うにあたって、オペのサポートにあたる第一助手、第二助手がゆとりを持ってサポートにあたれるかどうかも重要です。
そういった意味で、このインプラント専門スペースやシートは、安心なインプラント治療を行うをあたっても重要なのです。
ページの先頭へ戻る